大人買いは大人の特権だ!

好きなものはたくさん集めたくなってしまう

みなさんは子どもの頃おもちゃが好きだったでしょうか?おままごとをやっていたという人もいれば、プラレールやミニカーで遊んでいたという人もいるでしょう。でも、いくら欲しいおもちゃがあっても、子ども一人では買えませんよね。大抵お母さんやお父さん、もしくはおじいちゃんやおばあちゃんに買ってもらうことになるはずです。

自分が誕生日だったり、特別な日だったりすると買ってもらえるかもしれませんが、そう頻繁には買ってもらえないはず。となると、シリーズものを集めたい人にとってはつらいですよね。では、子どもの頃に今の自分と同じくらいのお金があり、好きなように使えるとしたら大人買いしてしまうと思いませんか?人は好きなものほどたくさん集めたくなってしまうのです。

大人がハマるおもちゃの魅力とは

おもちゃなんて子どもっぽい!そう思っている人も中にはいらっしゃるのではないでしょうか。実は、大人ですら夢中にするおもちゃというのはあるんです。その代表的なのがプラモデルでしょう。子どもの頃好きだったロボットアニメに登場したロボットを見ていると、全種類揃えたくなってしまい、大人買いしてしまうという人もいるようです。

それだけ大人を虜にする魅力がおもちゃにはあるんですね。大人になると、子どもの頃とは比べ物にならないくらいつらい出来事を経験することもでてきます。その気持ちを和らげる効果がおもちゃにはあるのかもしれません。童心に帰ることによって、忘れていた純粋な気持ちもよみがえり、また違った楽しみ方が味わえるのかもしれませんね。